忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
[346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もう一度お前が欲しいだなんて。
思ってはいけなかったのに。


なぁ、止めてくれ。
どうすることもできないこの流れを、誰か止めてくれよ。
今更もう改善なんて望めないのは分かってる。
だったらせめて今のままでいられはしないのか。
あの頃には戻れない。
でも、せめて、全て壊れることだけは許してくれたっていいじゃねえか。
どうして、全部壊れていくんだ。
どうして止められないんだ。
止まれよ。
なんでもう駄目なんだ。
なんでもう駄目だって、わかるんだ。





ずっと一緒に。
ずっと一緒に、歩いていければいい。
そう思っていたのは、お互いのはずだったのに。






「なんでそうなんスか?」

勝手に声が出ていた。
ただただ衝動のままに。
どうしてだ。
どうしてお互いにお互いのことが好きなのに。
こんなにすれ違って。
傷つけあうしかできないんだ。

「オレは、オレは確かに、黒子っちのことが好きだった。
でも、でも違ったんだ!
オレ、アンタと一緒にいる黒子っちが好きだったんだ。
アンタのことがホントに好きで、アンタといれることが、嬉しくて仕方ないって。
見てるだけでもわかったんだ。
オレは今でも2人に一緒にいて欲しいんス!
なんで二人とも勝手に、もう終わりだなんて決めつけてるんだ!!
まだ、まだ取り戻せるんじゃないのかよ!!!」

羨ましい。
あれほどに思われる青峰が。
それほどまでに思える相手に出会ってしまったことが。

「青峰大輝!!
根性出せよ!!
このままじゃ、絶対に後悔しか残らないって!!!」
オレだって、こんなに好きなのに。
こんなに報われないのに。

結局青峰っちは。





どうか願いがかなうなら。
キミが、ボクのものになりますように。
どこにも、行ってしまいませんように。






「テツ。オマエ、熱あんぞ」
「…大丈夫です」
「大丈夫なわけねーだろ!保健室行けよ!」





ネクタイ引っ張ってキス。
「…あんま挑発すんなよ」
「……キミこそ反応が少ないです」
「反応していいのかよ」
「……どうぞ?」
「しらねーぞ」
「望むところです」

「へぇ。いいのか」
「どうぞ?」
「んじゃ、足腰立たなくしてやるから、覚悟しな」
唇を合わせる。






口に無理やりねじ込まれた指を噛む。
「いてぇよ」
やわやわと、甘く、緩く。
「噛むなって」
そういう割に、彼は楽しそうだ。
それを証拠に、手を引かない。
舌で輪郭をなぞって、少しずつ位置を変えて。




PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]