忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
[233] [232] [231] [246] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いつからか、眠れないときは、それを取り出す癖がついた。


ただ時計としての役割しか果たさない、地味で、目立たない時計。
まるで自分のように無個性だ。
彼もそれをわかってボクに与えたのだろうか。
それとも、彼がそういったものを好きなもの好きなだけか。

時計の音は落ち着く。
彼から貰った時計。

耳に当てて、横になる。
音にだけ集中して、何も考えないでいられる。


こんなふうに頼りにしていることなど、絶対に知られたくはないけれど。


傍に居られないならこれぐらい許されてもいいと思う。
コチコチと音を立てる飾りのない時計に口付けた。
これをくれた彼は、今、何をしているだろうか。

浮かぶのは、ゴールに向かってひたすらボールを放るあの後姿。

もうきっと、こんなものを与えたことすら彼は忘れているのではないだろうか。

そう思うと未だにこれに頼っている自分が、途端に惨めになったけど。


もう通い合わなくていいと思った。


そうすれば別れる恐怖におびえなくてすむ。

心平安でいられる。



物のようにただそれだけで完結して変わることなどなかったら。



全部忘れて、眠りたい。
時計の音はゆっくりとそれにボクを導く。


彼の夢を見るかもしれない。



そんなことを思った。

でも、夢でならいいだろう。


それだけで完結しているのなら。

それだけで、先などなくて、何も面倒なことがなかったら。


つらくても悲しくても傍にいられたらそれだけで。




ただ、それだけでいい。

きっと。






 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]