忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
[263] [219] [217] [221] [215] [216] [211] [210] [209] [208] [243]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


うららかな午後。
黄瀬と黒子は、二人で、ただのんびりと時をすごしていた。
しかし黒子は、幸せそうに頬を緩ませる黄瀬を、ふと見て。
突然、黄瀬の頬をつまんで引っ張った。

「いだだだだ!!っちょ、黒子っち~!!」
「……。」


「痛いッス…。どしたんスか?」
「…キミの顔ってむかつきますよね」
「ヒドッ!?」
「…キレイで」

「……褒めるなら、もっと素直に褒めて欲しいな」
「褒めてません」
「まあ、嬉しいけど」
「……色々と得してるんでしょうね」
「そうッスね、モデルとか顔大事ッスから」
「……」

「嫉妬ッスか?」
「調子に乗らないでください」
「あた。…大丈夫ッスよ、オレ、黒子っちしか見てないんで」
「…どうですかね」
「信じてよー」
「……信じてますよ」
「…そんな嫌そうに言うことじゃなくないッスか?」

「キミといると馬鹿なことばかり考えるんです」
「馬鹿なこと?」
「…いえ。たいしたことではないですけど」
「…言ってよ。気になるから」

「………やっぱやです」
「えー!?」
「……」
「…ねぇ、それって、やっぱり嫉妬?」
「………」

「…そんなこと考えなくてもいいって。…ホントにオレ、黒子っちのことしか考えてないよ」
「…そんな冗談はいいです」
「冗談じゃないって。ホントに」
「…」
「オレは、黒子っちのものだよ」
「…」
「好きにしていいからね」


「……不安になりたくないんてないんですけど」
「…うん」
「不安になってしまいます」
「そう?」
「ボクなんかで、キミは満足できるんですか」

「…黒子っちは、十分魅力的ッスよ?」
「…ボクにはわかりません」
「そういう慎ましいとこ含めてね。大好きだから」
「………」
「安心してて。できなくても、呼んでね。すぐ行くよ」
「キミは、時々真面目に馬鹿ですよね」
「え」

「そこまでしてくれなくていいです。時々、すごく、申し訳なくなります」
「…好きだからしてるだけ。黒子っちが気にすることじゃないって」
「気にしますよ」
「…オレのしたいようにさせてよ。オレはそれで、幸せなんだから」
「………。…じゃあキミも、してもらいたいことがあれば言ってください」

「ホントに?」
「……できる範囲で、受け付けます」

「…抱きしめて、いい?」
「………。どうぞ」
「好きだよ」
「…はい」






 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]