忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
[216] [211] [210] [209] [208] [243] [207] [245] [244] [205] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(13巻キセキ集合後)


じゃあと背を向けた身体が、足を止めた。
まだ何かあんのかよ、と、青峰がめんどくさそうな顔を浮かべた。



それを察しているかのように、赤司は、お前達はもう帰っていいよと告げる。
そしてそのまま颯爽と歩いて、黒子の目の前に立った。

「テツヤ」
「…はい」

身構える火神と、ただ脅える降旗の目の前で、赤司は、黒子の顎を掬った。
そしてそのまま口付ける。

「!?」
「なっ…!?」
「ちょっキャプテン!?」

思わず黄瀬が大声を上げる。
中学時代の呼び名をそのまま口にして。

赤司は周りなど何も見えない様子だが。

黒子は一瞬の驚きの後、赤司の身体を押し返す。
赤司は素直に、それに従った。

「…何するんですか」

唇を拭いながら、黒子は彼を睨み上げる。

「宣戦布告」

赤司は、美しく笑った。

「テツヤが僕の所まで来てくれれば、だけどね」
「…行きますよ、必ず」
「…はは、大輝がそこにいるのに、強気なもんだ」

青峰は、複雑そうな顔で、その様子を遠巻きに見ていた。
それでも自分とは関係ないとばかりに背を向けて、立ち去る。
黒子はそれを横目でちらりと見たが、何も、言わなかった。

「大事な試合前に、心を乱すようなことしないでくれませんか」
「オマエは、そんなことで心を乱されたりはしないだろう?」
「………」
「…おや。…少し、素直になったのかな」

赤司の手が、黒子に伸ばされる。
触れる前に、黒子は、一歩、距離を取った。

空いた空間。
届かない距離。

「…もう戻らないといけないので。…すみません」
「……そうか」
「…はい」

黒子は、赤司に背を向けた。
複雑そうな顔で、こちらを見る、2人に、頷いて見せる。

誰からともなく、戻る道を、歩き出した。

「テツヤ」
「…なんですか」

かけられた声に、振り向かずに、答えた。

「楽しみにしているよ」

掛けられた声に、黒子は一瞬だけ立ち止まって。

けれど、結局振り向かないまま、急ぎ足でその場を後にした。


赤司はそれを微笑んだまま眺めて、反対の方向へと歩き出す。



もうどちらも振り返ったりしなかった。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]