忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
[219] [217] [221] [215] [216] [211] [210] [209] [208] [243] [207]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「今から会えるか」
「…もう、家に帰っちゃったんですけど」
「ならそこまで行く」
「…電話じゃダメなんですか?」
「ああ」
「…わかりました。待ってます」
「ああ」


「こんばんは」
「…元気そうだな」
「おかげさまで。…それより、今日はどうしたんですか」
「……」
「わざわざ会いに来るなんて、珍しいですね」
「…そうだな」
「……」

「好きだ」

「……はい?」
「オマエが、好きだ」

「………何の冗談ですか」
「……そう言われるだろうとは、思っていたがな」
「はぁ」
「冗談でこんなことを言うわけがないだろう」
「それは、そうかもしれませんが」
「何だ」
「でも、本気でもこんなこと言われるなんて思ってもみませんでした」
「……」

「何でですか」
「何がだ」
「なんで、ボクなんですか」
「……」
「高尾君とかの方が、仲がよさそうに見えますが」
「別に、仲良くなどない」
「…そうなんですか?」
「…そういう対象ではないな」
「…ボクは、そういう対象に入るんですか」
「……」

「…男だってことは知ってると思いますけど」
「何の冗談だ。知らないはずはないだろう」
「いえ、でも、一応」
「馬鹿にするなよ」
「……男が好きだったんですか?」
「…オマエだからだ」

「………。……ボクら、相性悪いんじゃなかったんですか」
「ならば、相性をよくすればいい」
「…運命は、変えられないものだと思ってると思ってましたが」
「物事には人事を尽くすことも必要だ」
「……」
「それに、オマエの言い分は、そうではなかっただろう」
「…そうですね」

「オレを愚かだと思うか?」
「…いえ。そんなこと、思ったことないです」
「…それに。オマエの言い分も、少しは認めてもいい気になった」
「……。キミが、そんなこと言うとは思いませんでした」
「うるさい」
「柔軟になったんですね」
「黙れ。…それで、返事は」
「………」

「…黒子」
「急かさないでくれませんか。今、考えてるんです。
「………」
「……」
「…時間がいるか」
「……そうですね…」
「……」

「…いえ。いいです」
「……それで」
「いいですよ。付き合ってみましょうか」
「………。いいのか」
「はい。キミが本気なのは、よくわかったので」
「…オマエは」
「…」
「オマエは、どうなんだ」

「…緑間君を、そういう対象として見たことは、正直、なかったです」
「…だろうな」
「でも、キミの誠実なところは、いつも好ましいと思ってました」
「……」

「…。キミにも、可愛い所があるんですね」
「黙れ」
「…ふふ」

「でも、付き合って、どうするんですか」
「……」
「よくわからないですよね。…何、しましょうか」
「……家に来い」
「はぁ」
「行きたいところがあれば、言え」
「…そんなものでいいんですかね」
「知らん。何なら自分で調べろ。本を読むのなら、お手のものだろう」
「…はい。考えておきます」
「…ああ」

「…それだけだ。…邪魔をした」
「いえ。……ありがとうございました」
「…それは、何に対しての礼だ」
「…わざわざ、伝えに来てくれたこともですし、ボクを、好きでいてくれたことにも」
「……」

「…気が変わったなら、早めに言え」
「……多分、大丈夫だと思いますけど」
「……じゃあな」
「はい。…おやすみなさい」
「……おやすみ」







 

PR
コメント
 
じれったい
緑間と黒子は、なんか見てる方がじれったい感じなのが好きです。
お前らいい加減くっつけよ!とか、そうじゃないだろ!みたいな。
高尾の気持ちもこれに通じるものがあるんでしょうかね(笑)
可愛い奴らですね。

拍手お返事行きまーす。

小夜さんこんにちはー^^
告白的なものをとりあえずちゃんと書いておくべきかなーと思って、書いてみました♪
緑間は直接会って伝えるとか、いちいちそういうところに拘りそうだなと思います(笑)
確かに寺とか一緒に連れて行かれそうです(笑)
黒子も散々ですね!
まあそういうのそこまでキライそうじゃないので付き合ってくれそうですが(笑)

緑黒は凄く譲り合いな感じしますよねー。
2人とも我が強いので、こうしたいとかこうしてほしいとかいうのがあって。
でもやっぱりお互い譲らないから、仕方なく許してあげる感じ。
でも、それがいつの間にか当たり前になっている感じがとても萌えだと思います^^
どっちも自分の方が譲歩してるとか思ってそうなところが好きです!

この二人はホント純愛でいいと思います!
お互い思い合ってるのに素直になれなかったり、遠慮したり、心配したり、そういうのが一番似合う感じしますね^^
また、何か素敵な話書けるよう頑張りますね!
コメントありがとうございました、また、おいでください!
【2011/08/28 14:31】 NAME [静] WEBLINK [] EDIT []
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]