忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
[223] [222] [220] [263] [219] [217] [221] [215] [216] [211] [210]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



手強い相手を何とかやり過ごして、勝利を得て。
ベンチへ帰ってきた愛しい人の姿に、桃井は飛びついた。

「お疲れ様ー!!」
「わっ」
 



突然のことに、黒子は何とか踏みとどまる。

「テツ君カッコよかったーー!!」
「ボク汗臭いですよ」
「いいの!!!」
「…よくないでしょう」

その横を、疲れた様子のレギュラー陣が通り過ぎていく。

「まーさつきがいーっつってんだからいーんじゃね?」
「はぁ」
「うん…でも、ホントにカッコよかった!凄いよ、皆」
「当然だけどね」
「まーな」
「そんな甘い考えだからぎりぎりになって焦るんだ」
「んだよ、勝ったからいーだろ」

軽い青峰を緑間は睨むが、残念ながらそれが堪える様子はない。

「桃井さん、離してくれませんか」
「えー!?」
「そんな残念そうな顔しないで下さい」
「桃っち、黒子っちも給水とかしたいだろうし」
「あ、そうだね。ごめん」

桃井は、素直に身体を離した。
黒子はちゃんと補足しておく。

「いえ。喜んでくれるのはありがたいですから」
「…えへへ!」
「ったく、オレらにもちょっとは気ぃ使えよな」
「だってそんなことしてもいいことないもん」
「オイオマエ、マネとしての自覚あんのか?」
「やらなくちゃいけないことはやってるもーん」

「まあたまには桃っちにも言い思いさせてあげようよ」
「でも大変なのはオレらじゃんね」
「マネージャーはマネージャーで大変なのさ」
「見てるだけって言うのも結構つらいものがありますからね」

「大船に乗ったつもりでいろよ。負けねーから」
「…それはありがたいけどね。今回油断して逆転されそうになってたじゃない」
「オレだけのせいじゃねーし」

「連携が上手くいかなかったからな。テツヤを入れなおしてからはちゃんと回っただろう?」
「皆ワンマンすぎるんだよね…。キャプテンとテツ君が一番周り見えてる感じ?」
「お褒めに預かれて光栄だな」
「多分見えてはいても協力しようと思わないんでしょうね」
「んー、やっぱできるなら自分で決めたいじゃないッスかー」
「気持ちはわかりますけどね」

「オマエはヘタクソなのに持ちすぎだっつの」
「ヒドッ!!」
「まあ上達はしてるからね!もうちょっとってとこかなー」
「別に優しくしてやることないと思うけど」
「えー!?」
「ほらいつまでも喋るな。更衣室に戻るぞ」
「はーい」

「それじゃあ、また、後で」
「うん!しっかりクールダウンしてね。お疲れさま!!」

桃井は笑って、給水容器の回収に走った。
マネージャーの仕事は地味ながら、多い。

選手陣は更衣室で着替えを済ませて、後程合流になる。
恐らく、軽くミーティングを終えた後、今日は解散になるだろう。
後日この試合の反省を行うことになる。

忙しいけれども、充実した毎日。

大変なりに、彼らは楽しく過ごしている。






 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]