忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[139] [137] [138] [136] [131] [146] [129] [133] [130] [132] [128]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(恋とはどんなものかしら の続き。えろいから見ちゃだめよ若い人!)


行為はぎこちないなりに、丁寧に続いていく。
愛ある、接触。


手探りで、お互いを確かめていく。

やがて、手は黒子の下肢に伸びて。
逃れようとするのも構わず中心に触れられる。
直接的な刺激に、ろくに抗うこともできないまま。
促されるままに、達した。

羞恥に顔を染めて俯く彼を、緑間は、大切そうに引き寄せた。

自分のものではない、早まる鼓動を耳にして、黒子は、少し安心する。

ゆっくりと呼吸を取り戻して、照れ隠しのように離れようとする。
その仕草を合図にしたかのように、緑間は黒子をベッドに押し付けると、秘部に触れた。

「!!」

驚く身体を抑え込む。
戸惑いに向けられた眼を見つめ返せば、見てはいられないと言うようにそらされた。

排泄器官に触れられる羞恥、屈辱、嫌悪。

直接抗議の声はあげられないけれど、それを察して、緑間は、一度手を休める。

「…嫌か」
「………」

眼はそらされたまま、こちらに向けられない。

もう一方の手で逃げられないように顔を固定してしまえば、泣き出しそうな顔で、声を上げた。

「本当に、こんなことしていいんですか」

何を言ってるのかと、怪訝そうな顔をする緑間に、微かな声で、言葉は続けられた。

「汚い、ですし…。イヤじゃないんですか、こんなこと」

今更、何を気にしているのかと、半ば呆れる。
初めからその気でなくて、手を出すわけがないだろうに。

「嫌なら端からするわけがないだろう」
「だって面倒じゃないですか。…女の子を相手にするなら、そんなとこ触らなくてもいいでしょう」

眼は伏せられて。

呆れると同時に、愛しさを覚えて、緑間は黒子に口付ける。

「したいから、している。文句があるなら、言え」

乱暴にそれだけ告げると、休めていた手の動きを再開させる。
黒子の体は跳ね、困惑と羞恥に寄せられた眉は揺るがなかったが、それ以上理由を問うことは、しなかった。

「…っん、……は…っ…」

堪えても堪えても、声は、漏れて。

無用な声が重ねられない中、その声は、どうしても響いて。
黒子を辱め、緑間を、焦らせる。

異様に長く感じる時間が過ぎて、指が、外された。

堪えていた息を吐き出し、呼吸を繰り返すのを少し見守って、身体を、抱え上げる。
それが何を意味するのかを嫌でも悟ってしまい、黒子の体はより一層強張った。

けれど緑間も、それを緩めてやる方法など知らず。

そのまま、黒子を貫いた。

「っ~!!!」
「…っく…」

声にならない悲鳴が漏れて。

「…痛いか」
「ごめ、なさ…っ」
「…謝るな」
「っん…!」

気遣いながらも、腰は進められて。


緑間が熱を放つ形で行為は、一先ずの終結を迎える。





「…すまん、大丈夫か」
「…あんまり、気を使わないで、いいです」
「そういうわけにもいかんだろう」

手を伸ばして、黒子の眼に溜まった涙を拭う。

「体を洗った方がいいか」
「…動く元気、ないです」
「…」

緑間は黒子を見下ろして、少し考えた様子だったが、手をかけ軽々と抱き上げた。

「うわっ」

そしてそのまま風呂場へと向かう。
いつもなら絶対に嫌がる行為だが、今は、不思議と頼もしく感じて。
黒子はそのまま身をゆだねる。
そもそも嫌がることも今更過ぎる気がした。

「…格好いいですね、緑間君」

そっと、軽愚痴をたたく。

「…何を言っている」

不機嫌そうに逸らされた瞳に、今更憤慨する気にもならない。

それが悪意で示されているのではないと、知った。


もっと近づきたくて手を伸ばせば、望みどおりに口付けがおりて。





ああ。

幸せかもしれない。




そんなことを、思った。

 





PR
コメント
 
緑黒好きだ!
恋とはどんなものかしら。
単独のものとして描いたんですが、アイディアが出たので続けてみましたー。

ホントは、忍者ブログはえろいの禁止なんですよね。
だから一応直接的な表現はぎりぎりまで避けていたりします。
マッサージとでも思ってください…(笑)
もう最近はだいぶ思い切って書いちゃってますが(汗)
物足りなかったらごめんなさいね。
後告げ口はおやめください(笑)


拍手お返事いきまーす^^
おたふくさん、拍手ありがとうございました!
二人とも、本能より理性が強い感じなので、気遣いできる関係になるんだと思います^^
でも欲求と理性がまたせめぎ合うんですよね!
したいけど傷つけたいからできないとか、恥ずかしいとか、嫌がられたらいやだとか。
それがなんとも見ててやきもきする感じで(笑)
ほのぼのしますね!
緑黒の素敵なところはそういうところだと思います!

お楽しみいただけてよかったです!
またお越しくださいね♪
【2011/07/09 23:17】 NAME [静] WEBLINK [] EDIT []
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]