忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
[104] [102] [101] [100] [106] [98] [97] [99] [107] [95] [94]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もう一度皆でバスケがしたい。

そう思うことが、もう、皆にはないのだろうか。


だって、皆あの時、あんなに笑い合っていた仲間だったのに。

一緒に練習することすら楽しくて、練習が終わっても皆でつるんで。

馬鹿みたいに、ふざけて、笑いあって、言い合いをして。



あんなに眩しかったのに。

あんなに羨ましかったのに。




私が、男に生まれていたら。
そう考えることが、時々あって。

それで私が男に生まれていたら、私もあの中で、皆と一緒にボールを追いかけて笑っていられただろうか。
そう考えてみても、今はどうしようもなく、切なくなるだけだった。


だって、たとえ入れたとしたって、それが終わりを迎えるってことが、わかってしまっているんだから。








なんで、こんなことになったんだろう。









皆、本当にバスケが好きで、楽しかったはずなのに。

それだけなのに、だから皆は離れてしまった。





もう楽しくなくなってしまったから。


皆でいなくても勝てるようになってしまったから。





皆、今も、自分だけで戦っているのだろうか?

信頼できる仲間と、ぎりぎりで、力を合わせてやっと勝てるような試合が、もう彼らにはない。





そもそも、私がそこに入れるっていう保証もない。

私は特に運動が得意なわけじゃないし、青峰君と一緒にいても、どんどん突き放されて、結局はマネージャーだったかもしれない。



想像したって無駄なんだって、いつか、テツ君が言っていた。

想像することよりも、現実を変えることを、どうすればいいのかを考えて、必死でやる。

それだけですと、彼は言った。



なんて、なんて、強い人なんだろうと思う。

テツ君は、弱点を強みに変えて、戦ってる。



きっと、逆境に置かれた時、一番強いのはテツ君みたいな人なんだろうと思う。

だって、他の皆は、うまくいきすぎるぐらいうまくいく人生を送ってきたんだから。





でもこれはなんだろう?




逆境じゃない。

逆境にいるわけではないのに。




上手く行き過ぎて行き詰った。

上手く行き過ぎて動けなくなった。

ちっとも逆境なんかじゃないのに。














ねえテツ君。

どうしたらいいのかな。




こんなこと聞いたって無駄だってわかってる。

答えなんかないってわかってるのに。

テツ君にすがってしまう自分を止められない。












寂しいよ。
















どうして、どうして。



皆こんなに足掻いているのに、出口が、見つからないでいるの。







 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]