忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
[88] [89] [87] [86] [84] [75] [73] [85] [83] [82] [71]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(鬱です。痛め)



テツが泣いている。


 




後姿を見つめているはずなのにそれがわかった。


声もなく、拭うこともせず、ただ、泣いている。



そしてその前に、もう一人テツが横たわっていた。



よく考えなくても異様な光景なのに当たり前に受け入れている。





紙のように白い肌。


帝光のユニフォーム。


胸から赤い液体が滲み出しては流れていく。






泣いている方の右手に、血の付いたナイフが握られているのに気付く。








そのナイフを振り上げて、テツが、自分を殺していく。








刺される方は悲鳴も上げずにされるがまま。


逃れもせず、眼を開くこともしない。


ただ赤い血が、全てを埋め尽くしていくだけ。









やめろ。









叫んだはずなのに、声にならなかった。



何も届かない。










テツが振り向いた。


唇が笑っている。





けれど、眼が、どうしても見えない。














さよならと、唇が動いた。









届かない。







同じ場所にいるのに。






















オレはテツを救ってはやれないしテツだってオレを救えはしない。




















それでもまざまざと思い知る。





オレが何をしでかしたのか。




 
















なあ、オレ達、初めから、望みなんて持つべきじゃなかった。















一緒にプレイなんかして、楽しんだり、しちゃいけなかったんだ。














全部全部儚い幻想だった。
















最初から何もなければ。








こんなに傷ついて、ボロボロになることもなかった。
































ああ。



なあ、いっそ。






いっそ、2人で死んじまうか。




















そう思ったら、テツが眼を閉じたのが見えた。




頬を涙が伝ってた。








 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]