忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[320] [321] [319] [318] [315] [314] [317] [316] [313] [312] [311]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


後少しだ。
後2階登れば、もう探していない場所はない。
それでも見つからなかったらと思うと、恐ろしくなるけれど。


「…黒子っち、オレ、この階探すんで、黒子っちは1コ上をお願いしてイイッスか?」
「あ、はい」
「じゃ、また後で」

黄瀬は、黒子が少し疲れているのに配慮して、そんなことを言い出した。
黒子はそれに気付かなかったが、了承し、上の階へ向かう。

その階で、くつろいでいる様子の、赤司と出会った。

「よう、テツヤ」
「…赤司君」
「綺麗だな」
「……冗談でも嫌です」
「本気なのに」
「余計嫌です」

漫才のように言い返すと、赤司は楽しそうに笑った。

「ミスディレクションはどうだ?結構発動出来たか」
「……キミも、グルだったんですか」

物言いに、明らかな違和感を感じて、黒子は問うた。
赤司は、あっさり頷く。

「青峰はもちろん遊びのつもりだけどな。ちょっと面白そうだったから発破をかけてやったんだよ」
「余計なことをしないでください…」
「でも楽しく特訓出来たろう?」
「全然楽しくありません!」

黒子は嫌そうに言い切る。
赤司は可笑しそうに笑っている。
その余裕っぷりが、黒子の怒りを余計に誘った。

「別にみられても似合うから問題じゃないぞ」
「大問題です!!」
「はははは。悪かったよ、そんなに怒るな」
「……」

それ以上起こってもどうにもなることではなく。
黒子は仕方なく黙り込む。

「ちょっと写真撮ってもいいか?」
「絶対嫌です」
「つれないな。褒めてやっただろ?」
「褒めてもらっても嬉しくないですから」
「…まあ、冗談だからな」
「そんな冗談やめてください」

黒子は嫌そうに吐き捨てる。

「写真が取れれば涼太や真太郎のいい餌になると思ったんだが」
「…エサ?」
「そういう素材はいくら持ってても足りないからな」
「…人を、勝手に餌にしないでくれませんか」
「はいはい。それはそうと、大輝はこの屋上にいるぞ」

唐突に、赤司は大事なことを口にした。
思わず、黒子は上を見上げる。

「それからこれ。せっかく仮装したんだからな。やるよ」

投げてよこされたものを、慌てて受け取った。
簡素なガム。
面白味はないものの、スタンダードで悪くない。

「ほら、行って、早く着替えて来い。そろそろ、時間だ」
「…自分でしかけておいて、随分な物言いですね…」
「これも特訓の一種だからな?」

にやりと笑う赤司から目を逸らして、黒子はため息をついた。
ガムを握りしめて、教室を出る。

そのまま走って、屋上へと向かった。




 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]