忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
[315] [314] [317] [316] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


校舎の半分は探したが、青峰の気配はどこにもなかった。
ここまで見つからないと、半ば嫌になってくる。


「緑間っちがうまく見つけてくれないかなー」
「そうですね…」
「この勢いで知り合いにどんどん会っちゃったらどうしよっか」
「…やめてくださいよ…」

出来れば見られたくないと、黒子は眉を寄せた。
なんて情けない恰好。
黄瀬にだって本当は見られたくなどなかったのだ。
笑われるのも同情されるのも女の子のようだと思われるのも嫌だ。

黄瀬に迂闊に声をかけるべきではなかっただろうか。
一緒にいるからこそ、レギュラーのメンバーに次々と見つかってしまうのかもしれない。

「あ!きーちゃん!」

横からかかってきた声を黒子は心底聞きたくなかった。

「あ、桃っち、…!?」

どん、と後ろから体当たりするような勢いで、黄瀬の背中に黒子は顔を埋めた。
黄瀬がそれに対応する前に、桃井が、そこへやってくる。

「その子、新しい彼女?もー、バスケに専念するとか言ってたの誰?」
「…えっと…」

黄瀬が言葉を濁すと、服を掴む勢いが強まった。
言うなというのだ。
それは黄瀬にも伝わった。

「…なんか修羅場だったかな。ごめんね、あのね、テツ君見なかったか聞きたくて」
「く、黒子っちッスか?」
「うん、そう。部室にいるかと思ったんだけど、いなくて」

黒子は心底部室にとどまらなくてよかったと思った。
下着姿で応対することを想像すると頭が痛くなる。

青峰なんかは別に裸でも全く平気そうに接するが、黒子はそこまで恥を捨てられはしないし、身体に自身だって持っていない。
青峰の筋肉は美しい。
見せびらかされてもいっそいやらしさを感じないほど。

「…図書室にでも行ってるんじゃないッスか?」
「さっき行ったんだけどいなくて…。私これから帰らなくちゃいけないの。これ、テツ君に渡しといてくれない?」
「…チロルチョコ?」
「うん。今日ハロウィンだから、折角だしと思って。きーちゃんにもあるよ、ハイ」
「…どうもッス」
「テツ君によろしく言っといてね?それじゃ、邪魔してゴメン!」

ばいばい、と手を振って、桃井は走り去っていく。
結構ぎりぎりまで、黒子を探していたのだろう。

青峰っちは罪深いなぁと思いながら、黄瀬は手を振りかえして。
彼女がいなくなるまで、見送った。

「…行きました?」
「うん。もう大丈夫ッスよ」

黄瀬が返事すると、黒子の固く握りしめた手が緩められて、身体が離れていく。
黄瀬は少し涼しくなった背を感じながら、振り向いた。

「凄く嫌そうだったッスね。そんなに、桃っちに見られたくないんスか?」
「当たり前です」

男としてのプライドがそんなの許さないとばかりに、黒子は言い切る。
その姿が逆に可愛くて、黄瀬は笑ってしまった。
黒子の睨む目に、止めたいけど、どうしようもできない。

「あ、これ、桃っちから」

黄瀬は、手に持っていた、箱入りのチロルチョコを差し出す。

「…どうも」
「桃っちの愛ってわかりやすいよね。見てよ」

黄瀬がもう一方の手で掲げたのは、普通サイズのチロルチョコ1コ。
大きさでも、量でも、確実に黒子への比重が重いことがわかる。
黄瀬はそんなわかりやすさを、いっそ男らしいなと思った。

「…なんか申し訳ないですね」
「でも、確かにその姿で会ったら桃っち吃驚したと思うよ」
「そりゃそうでしょう…」
「とりあえず、青峰っち探そ。お礼は、明日言いなよ」

黄瀬は笑って、黒子を促した。
黒子は頷いて、一歩踏み出す。

とにかく青峰を捕まえることが先決だった。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]