忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
[318] [315] [314] [317] [316] [313] [312] [311] [310] [309] [308]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


校舎内を駆け巡って暫く経つ。
周囲に気を払ってミスディレクションするのも、走り回るのにも、少し疲れてくる頃。


慣れないスカートが煽られたのを気にした拍子に、躓いた。

「わっ!!」
「黒子っち!?」

スカートを大きく広げて、黒子は倒れこんだ。
その拍子に、下に履いていたハーフパンツが露わになる。

黄瀬は、慌ててスカートを戻させて黒子に手を貸した。

「大丈夫ッスか」
「はい…すみません」
「あれ、その声、黒ちん?」

呑気な声が後ろからかかる。
2人が振り向けば、帝光中で最も身長のあるであろう彼がそこに立っていた。

「紫原君…」
「なんでそんなカッコしてんの?」
「青峰っちの悪戯らしいッスよ」
「そういうわけです」
「ふーん。なんなら下も女物にすればよかったのに」
「…は?」

とんでもない発言に、黒子は思わず邪険に聞き返した。

「色気ないよ」
「…必要ありません」
「…まあ、確かにハーフパンツ履いてるのかとは思ったッスけど」
「……」
「あっいや!!下何履いてるのかちょっと気になっただけだから!!」

別に履いて欲しくなかったとかそぅ言うわけじゃ全然ないんで!!と、黄瀬はやたらと熱く主張した。
仮にもモデルがそんな赤裸々なことを語っていいのだろうかと、黒子は逆に心配になる。

「まー男モンのパンツなら着替えとかで見れるけどね」
「まあ、そうですね」
「…いや、そういうのとはまた、情緒が違うっていうか…」
「何を言ってるんですかキミは」
「…スミマセン」

でも青峰っちにならこのロマンわかってもらえると思うんス…と黄瀬は、未練がましく呟いた。
黒子はもうこの際気にせずに紫原に向き直った。

「あの、青峰君見ませんでしたか?」
「見てないよ。何?仕返しでもしに行くの?」
「いえ。それもいいですけど、着替えを取り戻しに行かないといけないんです」
「そっか。でも、別にそれでも違和感ないけど?」
「こっちはありますから」

もう彼の発言に突っ込む気すら起こらない。

「じゃ、頑張って探してね」
「はぁ…」
「あ、そうだ、いいものみせてもらったし、これあげるよ」
「…まいう棒ですか」
「うん。それ、オレにはちょっと合わなかったし」
「…ボクでゴミ処理しないでくださいよ」
「まー気に入るかもしんないじゃん?」
「それはそうですけどね…」

黒子はそう言いながら、ビニール袋にそれを突っ込んだ。
じゃねと言いながら紫原が遠ざかっていく。

「紫原君。今日は、ちゃんと部活出てくださいね」
「ま、そのつもり。たまには体動かしとかないと、鈍るし」
「いいことですね」
「もっと褒めて」
「嬉しいですよ、来てくれて」
「ちょっと!!黒子っちサービスしすぎ!!」
「じゃ、また後で」
「はい」

黄瀬の文句を聞きもせずに、手を振りあって別れる。
黄瀬は少し文句を言いたげだ。
恐らく黒子が紫原に甘いからだろう。

「…仕方ないじゃないですか。彼、冷たくすると余計部活来なくなりますよ」
「別に来なくてもいいじゃないッスかー!!」
「そういう考え、よくないです」
「…ハイ…」

黄瀬は不服げに頷いた。

「しかし、いいものってなんでしょうね」
「え」
「いや、彼が、いいもの見せてもらったって言ってたので」

「…黒子っちの女装姿か、スカートの中かだと思うッスけど」
「………。キミって、見かけは爽やかなのに時々変態ですよね」
「えーっ!?」
「さ、行きましょう」
「オレにももうちょっと優しくしてくださいよー!!」

黄瀬に冷たく背を向けて、黒子は走り出す。
今度は転ばないよう、足元に気を付けて。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]