忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [320]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「見て見てー!デジカメ買ったんス!!」

黄瀬が嬉しそうに取り出したのは、メタリックでシンプルなデジタルカメラ。
大柄な黄瀬の手の中にあるそれは、随分と小さく見える。


「マジか。ちょっと寄こせ」
「あっちょっと大切にしてよ!?」

青峰はそれを毟り取って、翳した。

「随分薄いな」
「へへっ最新型ッス!」

そしてかちゃかちゃと許可も取らずに弄り回す。
黄瀬は無理に取り返そうとはせず、それを誇らしげに眺めた。
その姿がまた自慢げで腹立たしいのだが。

「へームービーもバッチリ撮れんのか」
「最近の奴は大抵そうッスよね」
「ってか撮る用事とかあんの?携帯でよくない」
「でも絶対こっちの方が画質いいし!現像だってできるじゃないスか!」
「折角だし記念に今撮ろーぜ。黄瀬撮れ」

青峰はそう言って、カメラを黄瀬に押し付ける。

「買ってきたのオレなのに!?…まあ、いいッスけど」
「オラ皆来いよ」
「さっさと着替えたいんですけど…」
「いーだろ別に。一瞬だよ」
「はぁ」
「全く、ふざけ過ぎなのだよ」
「ホラ映れって」

青峰は乱暴に、キセキの世代たちをそこにかき集めた。
赤司こそいないが、それはまあ仕方がない。
別に取ろうと思えばいつでもとれるのだし、全員集合にこだわる理由もなかった。

強引に引き寄せて、青峰は笑う。

「ちょっと…近すぎて黒子っちが生首みたいになってんスけど」
「そっかオマエだけ低いもんな」
「馬鹿にしないでくださいよ」

黒子は嫌そうに青峰を見上げた。

「抱っこしたげよっか?」
「いいです。椅子持ってきますから」

紫原の嫌がらせのような提案も無碍なく断る。

「んなめんどいことすんなよ。よっと」
「わっ!!」

だがそれも聞こえていなかったようで、青峰は軽々と黒子を抱き上げてしまった。

「青峰っち大胆ッスね~」
「ちょっと!!」

黒子は暴れるが、ひょっと抱えなおされて、それで対応は終わりだ。
本気で暴れて落とされても困るし、そもそも青峰との筋力差は明らか過ぎる。

「ホラ、笑えよ」

近くでそう言われて、黒子はぱっと顔をそむけた。
青峰は楽しそうに笑って、言う。

「黄瀬、いーぜ」

黒子が仏頂面なのはいつものことだ。
たとえ笑顔でもどうせ影が薄いのだから気にならない。
まあ笑顔ならそれに越したことはないが、そこまで強制するようなイベントでもなんでもないのだから。

「はーい、じゃ、いくッスよ!はい、チーズ」

カシャ。

小気味よいシャッター音がして、フラッシュの閃光がたかれる。
青峰はそのまま黄瀬に歩み寄って、黒子を下しカメラを奪い取る。

「おっしゃ見せろよ」
「わーだから手荒に扱わないで!!」
「落としたら大事だな」
「あ?どこ押すんだ?」
「滅茶苦茶にしないでー!えっと…ここで、こう」

黄瀬は慌てて、慣れないボタンを操作し、写真の画面を呼び起こす。

「おーよく撮れてんな」
「ちょっと峰ちん出過ぎ。オレ隠れそーじゃん」
「隠れねーだろテメーでかいんだから」
「部室は暗いのに悪くないな。性能がやはりいいのか」

緑間はのんきにそんな感想を告げた。

「ちょっと、出してください」

巨大な男たちに前も後ろも囲まれて、黒子は迷惑そうに声を上げる。
そんな黒子に不思議がるように青峰は画面を近づけた。

「しかしテツオマエなんで真ん中なのに薄いんだよ!おかしいだろ!」
「…そんなこと言われても」
「あ、黒ちん傷ついてる~」
「やめてください」
「あー、怒った?ごめーん」
「何だよ、抱っこしたのが悪かったか?」
「別に怒ってませんって」

そう言いながら黒子は腕の中から逃れて、ロッカーへと向かった。
黒子は早く着替えたいだけだったのに、とんだ迷惑だ。

「青峰っちデリカシーないッスよ?」
「…コレ返してやんねーぞ」
「あっウソ!!今のウソだから!!」

黄瀬が慌てて取り繕ったが、青峰は聞く様子もなく辺りを見る。

「何か他に撮るモンねーのかよ?」
「部室に大したものがあるわけないだろう」
「後で外で撮るか」
「そんなことしてたら赤司君に怒られますよ」

黒子はそっけなくそう告げる。
もう部活の始まる時間だ。
早く行かなければペナルティが課されてしまう。

「ってか返してー!」
「るせーな黙ってろよ」
「というか早く着替えて部活に行くのだよ。カメラなんぞにうつつを抜かすな」
「そうですね」
「わー黒子っちいつの間にか着替えてる!!」
「めんどくなってきた…」
「部活はちゃんと出ましょうね」

黒子はそう紫原をなだめ。

「しゃーねーな、じゃ、一先ず返してやるよ」

青峰はため息をつきながらカメラを黄瀬に渡してやった。

「どーも…」
「そんな高級品を学校にまず持ってくるな」
「だってちょっと見てもらいたくなるじゃないッスかー」
「自分撮って遊べば?」
「オレどんだけナルシストなんスか!?」
「まあモデルとかそういう職業だとは思いますけど」
「黒子っちヒド!」

「さあ行くぞ」
「はい」
「あーちょっと待ってー!!」

真面目な2人は、とっとと着替えて、部室を出て行こうとする。
追い待てよと青峰が黒子を引っ張って、黒子は嫌そうに青峰を見上げた。
つられて、緑間も立ち止まる。

「男なら1眼レフとか使ってみてーよな」
「気持ちは、わからないでもないですけど」
「あーゆーのわけわからなくて壊しそう」
「…オマエは絶対に触るなよ」

そんな会話をしながら、着替えを終えて。
少し焦りながら体育館へと急ぐ。

結局のんびりしていたことがばれて、ランニング追加を言い渡されてしまうのけど。






 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]