忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
[259] [258] [257] [256] [255] [291] [254] [253] [283] [252] [303]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


黒子は、雨の中を、息を切らして、小走りに、行く。
傘はない。
弱まる様子のない雨の中を、諦めて、真っ直ぐに家に帰る。
その姿を黄瀬は見かけて、思わず叫んだ。


「…黒子っち!?」
「…黄瀬、君」

止まった姿に駆け寄って、傘を傾ける。
傘もなしに行くような雨じゃない。
行きかう人は皆傘を差しているのに、どうして。

「びしょ濡れじゃないッスか。どしたの?」
「…傘、盗られて」
「うわー、そーゆー人いるッスよね。最悪。大丈夫?」
「はい」
「タオル、これ、使ってないから使って」
「いえ、申し訳ないので」
「でもそのままじゃ風邪ひいちゃうでしょ。使って」
「…どうも」

黒子は、受け取ると、ぱふ、と顔をタオルに埋めた。
目と口に水滴が入ってくるのが、一番鬱陶しい。

「家まで、送るッス」
「…こんなのと傘一緒に入ったら、キミも、濡れちゃいますよ」
「こんなのとか言わない。大丈夫ッスよ、どうせ、もう家帰るだけだし」
「けど、」
「ここで濡れてる黒子っちほっといて帰る方が嫌ッス。すぐだし、オレ、身体丈夫なんで」
「…すみません」

笑う黄瀬に、黒子は、少し申し訳なさそうに俯いた。

「…ホント、びしょびしょ。髪から、滴垂れてる」

黄瀬は、黒子の手からタオルを取って、髪を撫でる。
手つきは優しい。

「…キミが女の子にもてるのは、外見だけが理由じゃないんですよね」
「えっなんスか、いきなり」
「いえ、なんでも」
「いや、嬉しいけど」
「そうですか」

ある程度タオルで拭ってしまって、それから、黄瀬は先導するように歩き出した。
黒子も、すぐその横に並ぶ。
跳ねる水の中を、2人、歩いていく。

「でも、傘盗られたなら、他にあったの借りちゃえばよかったのに」
「それだと、同じことしてるじゃないですか」
「黒子っちは真面目ッスね」
「当たり前ですよ」
「そっか」
「はい」

「まーオレも他人の傘は使いたくないけどね。それぐらいなら、新しく買うかな」
「キミがお金持ちだから言えることですよ?」
「黒子っち貧乏なんスか?」
「貧乏って言い方どうかと思いますけど。コンビニの傘、高いじゃないですか」
「まあ、確かに。素材はヘロヘロなのにね」

「今度、またどこかで買いますよ」
「変わった傘使ってると、中々盗られないんスけどね」

見てすぐに、誰かのだってわかるようなやつ。
黄瀬は、笑って言う。

「…変なのは、イヤですね」

自分の趣味に合わないものは、なるべく持ち歩きたくなかった。

「後は名前書くとか?」
「名前、ですか」
「ちょっとカッコ悪いけどね」
「じゃあ、それで」
「なんか、小学生みたいで可愛いッスね!」
「ちょっとしか、違いませんけどね」
「でも、違うでしょ?」

この年頃の年齢差は、精神的にも、肉体的にも大きな差がある。
まあ、黄瀬らキセキは、小学生の時から中々恵まれた体格ではあるのだが。
でも、それだけではない。

「…そうですね。キミは随分、大人っぽいですし」
「今の、青峰っちとかに聞かれたら絶対笑われるよ」
「ふふ。キミは、TPOをよくわきまえてるんですよ。そこら辺、凄く、大人ですね」
「そう?でも、黒子っちに褒めてもらえると嬉しいッス!」
「…そこらへんは、可愛いと、言っておきましょうか」
「…黒子っちが好きって言ってくれるなら、何でもいいんだけどね」
「さあ、どうでしょうか」

黄瀬の軽い言葉を、黒子は軽く受け流した。
黄瀬は、少し残念そうな顔をする。

もっと、真に受けてほしいのに。
女の子だったらたとえ憎まれ口をたたいたって、まんざらでもなさそうな顔をしてくれるものなのに。
目の前の相手は、なんら変わらない、ポーカーフェイスだ。

「…手強いッスね」
「簡単に靡くような相手だったら、キミの周りに、いくらでもいるでしょう?」
「でもオレは、黒子っちだけだから。相合傘出来て、幸せだよ」
「ホントに、口が上手い」
「本気なのに」
「軽々と言えちゃうところが、ダメなんじゃないですかね」

黒子はさらりと言ってのける。
黄瀬は残念、とばかりに肩を竦めた。

黒子の家まではまだもう暫くある。
黄瀬がまた新しく放るであろう話題で、会話は、続いていくだろう。
2人の距離感は、まだ、そう簡単には縮まりそうにない。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]