忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
[286] [282] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [302]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「緑間君は、あまり、ボクに触れませんよね」
「…そうか?」
「…そうです」


黒子に見上げられて、ふと、問われた。
意識していないから、よくわからないが。

青峰や黄瀬、紫原は、嫌というほど接触を好む。
それと比べれば、自分が潔癖症か何かのように見えても仕方がないのかもしれない。

「触れられたいのか」

尋ねると、困った顔をしたので、壁に手をついて、追い詰めてみる。
黒子が、少し、困ったように視線をうろつかせた。
自分で誘っておいて、肝心なところで躊躇うなと言いたい。

「…無理、しなくてもいいですよ」
「…無理などしていないが?」

何がだ、と問いたい。

「こんなに眉寄せて、何が無理してない、ですか」

指が伸びて、眉間に触れた。
細い指。
手を伸ばして、掴む。

「…これも、嫌でしたか」
「だから、嫌ではないと言っている」
「なら、止める理由なくありませんか」

黒子は半ば呆れるようにオレを見ていた。
確かに、他の奴に気軽に触れられるのは嫌いだ。
だが、オマエになら。
構わないと思うのに。

握った手を引き寄せて、口付けた。
黒子が驚いて、身を震わせる。

素直だな。
見開かれた眼を見つめれば、視線は、さっと避けられた。
…全く。

「オマエこそ、オレが近づけば逃げようとするくせに、何を言う」

黒子は、少し、身を引いた。
図星か。

「…逃げては、いないでしょう」
「だったら眼くらい合わせたらどうだ」
「……無理です」
「何故だ」

黒子は、暫く、黙った。
それでも無言で答えを待つと、俯いたまま返事が返る。

「キミはそういうところに拘る人だったんですか」
「だから、ちゃんと答えろ」
「……近すぎます」
「?」
「近すぎる。こんな距離で、眼なんか合わせられません」

手を離して、無理やり顔をこっちに向かせた。
黒子の顔は赤い。
自分の影になっていてもはっきりとわかる。

「大体キミが全然触れないから、妙に緊張するんじゃないですか」

強気に告げられる言葉が、珍しく神経を逆撫でない。

何でそんなことをいまさら気にするのだと、不思議に思った。
そんな理由なら今まで遠慮することもなかった。

眼鏡を外して、上を向かせた黒子と唇を合わせた。
とっさによけようとする身体を抑え込む。

「…っ…は…」

身体を離すと、赤い顔で、すぐさま視線を逃がす。
小さな手で唇を拭った。

「そんなに動揺することもないだろう」
「……何でキミは…いちいち口に出さないと満足できないんですか?」
「オマエが、わかりにくいのが悪い」

今度は額に、小さく口付けを落とす。
黒子は照れた上目づかいでこちらを見る。

「触れて構わないなら、手加減はしないぞ」

黒子は何か言おうと、口を開いて、それでも言葉か見つからなかったのか、わなわなと、震えた。
そういう意味だと悟れば嫌がる仕草も可愛く思える気がして。
面白いなと、改めて思う。

無理やり教え込むのもじわじわと攻めるのも悪くはないだろう。

「…もう、気が済んだんですか」
「…オマエの気は、済んだのか」

誘うように問うてやると、黒子はさっと横をくぐり脱げて、外へと逃れてしまった。

「済みましたから、早く、行きましょう」
「…欲しくなったら、いつでも言えばいい」

そう言うと、きっと睨まれて、黒子は先へと走って行ってしまった。

何だこの可愛い生き物は。
少し笑って、後を追った。


たまには、調子に乗らせてもらおうか。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]