忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [218]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「黒子っちってさ」
「はい」
「考えてること、すっごくわかりにくいよね」
「そうですか?」
「うん。難しい」
「…」


「もっと理解したいんだけど。…知りたいんだけどね」
「……どういうことを、ですか?」
「……オレのこと、どう思ってるか、とか」

「……信頼してますよ」
「…それは、正直嬉しいんスけど」
「もっと具体的なことが聞きたいんですよね」
「…うん」

「…例えば?」
「……殺したいぐらい、とかさ」
「…キミは、思ってるわけですか」
「……ホントはね。でも、しないよ?黒子っちに痛いことしたくない」
「…優しいですね」

「…さぁ。死んでほしくないってのも、あるけどね」
「そうですね。…もう話したり、できなくなるわけですし」
「…でも、黒子っちが他の奴と話してるのをつらい思いで見たりとかは、しなくてすむからね」
「……自分の心の平安のために、ボクに死んでほしいんですか」
「いや、そんなことないッス!!…オレ、本気だよ」
「…知ってますよ」

目を伏せる。
重すぎるぐらい、痛すぎるぐらい、思われている。
雁字搦めに縛られて。
どこにも逃げられなくなるんじゃないかと思うぐらい。

けれど一度それを覚えたら。

失うことを、恐れている。


もうキミしかボクを満たせる人はいないんじゃないか。

そんな風に、思えてくる。

「…死んでもいい」
「?」
「殺されてもいいです」
「…黒子っち?」
「でも、一生ボクのこと。忘れないでください」
「…忘れるわけない」
「いえ。…無理です」

言い切った。

それは人の歴史が証明している。
逆らえない宿命。

「…黒子っち」
「一生でなんかなくていい。1年、いや1か月。1週間でも、いいです。本気で、ボクのことを想って」
「…どんだけ、オレ、舐められてんスか」
「人間なんて勝手なものですよ。すぐに忘れて、心変わりするものです」
「オレ、変わらないよ」
「変わるんです。何と言っても。時間には、抗えないんですから」

「…過ぎたものは美しいから越えられないって話も、あるよ?」
「それでも代わりができます。生きられるようになります」
「…寂しいッスね。黒子っち」
「……人間なんてそんなものですよ」

「…オレが本気で、1週間でも想ってれば、満足するの?」
「たとえ一瞬でも、永遠に匹敵するほど僕を想ってくれるなら。…殺されても文句なんてない」
「……黒子っち」


「愛してる」


引き寄せられた身体を、強く抱きしめる。

このまま溶け合ってしまいたかった。



死んですらも別れることなど願わない。







 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]