忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [218] [188]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



たった一人の冬だ。

心だけじゃなくて。

物理的にも。

冷たくて、つらい。
 



凍えてしまう。

もう、疲れて。

歩いていけなくなる。



路上で倒れていても、きっと、誰も気づかない。



マッチ売りの少女か?

笑わせる。



救いのない終わり。




ここで死ねば彼女ほどの幸福もボクにはないだろう。








だってボクには死んでも会いたい人はいない。








マッチをつけて見えるのは。


この世の愛しい彼らだけ。











あちらにも、希望なんてない。












生きてても死んでても、全てが同じ。











ここから、逃げることが、できない。







 

PR
コメント
 
童話
マッチ売りの少女の題名を使おうかとも思ったのですが、英語のがあんまり好みではなかったのでアンデルセンさんの名前を使わせていただきました。
彼女が幸福だったとは決して言えないと思いますけれど、でも、死の先に救いがあったとするならば、それがない人よりも幸せだったのではないかということもできる、と思いました。

拍手お返事いきまーす。
おたふくさん、いつもコメントありがとうございます^^
本当に、中3の冬は黒子にとって最悪の時期だったと思います。
バスケを愛せなくなって、今まで傍にいた人たちとは距離を置かなくちゃいけなくて。
元々黒子はあんまりほかの人と話したりしなさそうなので、ずっと、誰とも口を利かずに過ごしてたりしたのかもしれませんよね。
よくやったなぁと思います。

ホントに、誠凛でよい人たちと出会えてよかったですよね。
キセキはやっぱみんな自己中心的すぎるからうまくいかないことも多いと思うんです。
その反面、誠凛の人たちはちゃんと周りが見えているというか、人に対する配慮をちゃんと持ってる感じですよね。
だからこそ、黒子にとっても居心地がいい気がします。

もちろん、キセキの連中とぐちゃぐちゃごちゃごちゃやってた頃も、凄く楽しくはあったのでしょうけどね。
難しいですね(汗)

ではでは、ありがとうございました。
また、おいでください。
【2011/08/14 23:32】 NAME [静] WEBLINK [] EDIT []
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]