忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
[107] [95] [94] [96] [105] [92] [91] [90] [93] [81] [88]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


屋上でこの人が寝てるのはもう当たり前の光景になりつつあった。


こんなところで寝ているから色黒に拍車がかかるんだと言ってやりたい。
色が黒いからこそ、紫外線に耐性があるという言い方もできるかもしれないが。


これから無理やり起こしていつもの論争を行わなければならないのかと思うと、気が重くなる。

自分の理論を曲げるつもりはなかったし、彼を部活に参加させなくてはいけないことも事実なのだが。


同じことの繰り返しは、一番体力を消耗する。


理解しあえない。

届かない。

なにも生まない。

交わらない道。


出来るなら、衝突を避けたいと思う。
そして、そう思ってしまうことに、また絶望している。

いったいどうしろというのか。


「青峰君」


考えてはいけない。

考える前に行動してしまえば、それに対する恐れを、感じることはない。


青峰君が目を開ける。


部活に行きますよと声をかける前に、腕を引かれた。


「!?」


油断していて引っ張り込まれ、倒れこむ。

勢いよくついてしまった膝と手が痛い。
ただその為か胸元に倒れこんだ衝撃は弱かったようで、青峰君はそのまま寝ることを選択したようだった。

言葉は返らず、ゆっくりとした寝息が続く。



どれだけ寝てるんだ。

可笑しくて、少し笑った。



体格だけ大きくても、こんなところはまだまだ子供だ。

桃井さんが放っておけないのも、よくわかる。




ボクですら庇護欲を駆られるのだから。


















けれど、こんなのは、もう、幻に過ぎないのだった。










起きろと言わなければならなかった。

部活に行けと。



楽しくなくても、何の意味もなくても。



楽しくないのなら続けても意味はないだろうとボク自身わかっているのに。











心臓の鼓動が聞こえている。


触れ合った部分から伝わる、暖かい体温。






そこには何の違いもないのに。


















このまま眠ってしまいたかった。









何かが変わることをボク自信が信じられないのだから、もう、駄目なのだとしか、思えなかった。








 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]