忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[145] [121] [120] [135] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(鬱です)


お前はそこまでか。

穏やかそうに告げられた冷酷な事実に、もう傷つくことはなかった。
 



永遠の別れを告げに来たボクに、彼は、いつもとなんら変わりなく、接してくる。



軽く引き寄せられ、髪に顔を埋められて。

手つきだけはいつだって、悲しくなるほど優しかった。

わかっているからそれ以上は望まない。





ただこれだけが全て。




別れればすべてが終わる。






彼の本当の心の内を知るものは、誰もいない。






ボク達が本当に噛み合ったことなんて一度もない。
















さようなら。








そう言えば、残念だと言って笑った。

ちっとも残念そうではなさそうに。










この人のことだから次なんてすぐに見つかるだろう。




そういった心配をしなくていいことを、幸運だと決めつけた。












ゆっくり手を離した彼に向き合って、少し笑った。








もういいな。


そう思う。








何でもない仕草で、以前貰った鍵を投げ返した。


















そうやって自分からそれた視線の前で、どうすればいいかを。






ボクは、よく知っていた。









 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]