忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
[316] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


10月31日。
日本にも少しばかり浸透してきた行事の、当日のこと。


今日は学校側の行事のため、体育館が一時使用できなくなっている。
その為、いつもより練習が遅れて開始することになった。
外で基礎練をすればいいという意見もあったが、監督と赤司の意見にはそぐわなかったらしい。
その為、放課後の時間を、普通の生徒たちのように、のんびり過ごさなくてはならなくなった。

黒子は別段することもなく、部室に移動して、隅でただ本を読み、時間を過ごそうとした。
だが誰もいなかった部室に、黒子の後すぐ、入ってきた輩がいた。

「…青峰君」
「よ。はえーな、もう来たのかよ」
「他に、することがないので」
「寂しーヤツ」
「ほっといてください」

青峰は笑いながら、黒子に近寄ってきた。

「な、暇ならちょっと遊ばね?」
「…何して遊ぶんですか?」
「いいから。着替えろよ」
「…はぁ」

戸惑いつつも、青峰の欲求が突然なことは今に始まったことではないので、黒子は制服に手をかけた。
しかし、妙に見られている気がして、何度か、青峰を振り返る。

「何ですか?」
「何でもねーって。早くしろよ」

仕方なくそのまま着替えていく。
下着姿になった時、青峰が、動いた。

「!?」

黒子の手から着替えを奪って、ついでに丁寧に畳まれた黒子の制服も、取り上げてしまう。

「ちょっ…何するんですか!?」
「ほら着替え」
「は?」

ばさっと投げてよこされた手提げかばんを反射的に受け取る。
その隙に青峰はさっさと部室を出て行って。
黒子が慌てて追いかけると同時に、扉が閉められらた。

「青峰君!?」
「返してほしかったらそれ来て探しに来いよ!」
「はぁ!?」

袋を開くと、中に入っていたのは、女生徒の服。

「っちょ…!?」
「それかそれで帰れよ。じゃーな!」
「ちょっと!!青峰君!!」

遠ざかる足音。
一体何のつもりだというのか。

いくらなんでも、今のこの格好で外に出るわけにはいくまい。
ブラウスとハーフパンツを合わせて出ると言う方法も考えたが、異様なことには変わりはない。
むしろ女生徒の服の方が、そこら辺にある姿と馴染んでわかるまい。

黒子は散々迷って、結局、制服を着ることを選択した。

慣れない方向にボタンを合わせ、スカートに足を通す。
ホックを止めるときに、言いようのない屈辱に見舞われたが、仕方がない。
それにもし人が来てこんなところを見られようものなら、一生の恥だ。

手早く着替えると、飛び出す。

そこへ、ある女生徒が立っていた。
バスケ部のマネージャーの一人。

「あ、似合ってる似合ってる。それじゃ、こっち来て」
「はい?」
「いくらなんでもその髪だとばれちゃうでしょ。ウィッグ被せてあげる」
「……青峰君と、グルなんですね」
「うん。ごめん、ちょっと面白そうだったから」

彼女は笑って、鞄からかつらを取り出した。
黒髪の、セミロング。

「それに、似合いそうだったしね~」
「……そういうの、好きなんですね」
「好きよ。だいじょーぶ!誰にも言わないし、写真撮ったりもしないから!」
「…はぁ…」

彼女の言うままにウィッグを取り付けられ。

その出来はともかく、青峰を探すために黒子はその場を後にしなければならなかった。
慣れない長さの髪をなびかせて。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]