忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
バーコード
[300] [299] [294] [293] [292] [289] [288] [287] [286] [282] [280]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


誰かのためになんて生きちゃ駄目です。
自分のために。キミのために、生きてください。
それで、いいんです。


置いていかれるとわかってて言った。
別れの始まりになると知ってて言った。


終わりになんてしたくなかった。
これからもずっと一緒にいたかった。
隣にいるのが好きだった。
傍らで呼吸できるだけで幸せだった。


でも、そのために、彼を犠牲にしてはいけないのだ。


そうだ。
初めから、願うつもりなんてなかった。

それなのに、なんて、馬鹿なこと。

こんなに好きになってしまった。
こんなに依存してしまった。


キミのいないこの未来。
なんにもない。
真っ暗で。

もう、笑うしかできない。



馬鹿だ。
馬鹿だ。
ボクは馬鹿だ。


何も感じなければよかったのに。
何も思わなければ、感じなければ。
こんなこと考えなくて済んだのに。



目の前は、真っ暗で。

なんて不幸。
なんて無様。
最後の光もボクの元を離れた。



こんなこと考えたくなかった。
もっとちゃんと別れられるはずだった。
大丈夫だと言えるはずだった。
覚悟はしていたはずだった。
それなのに。








もう、絶望しかしない。








もう、どうすることもできない。
救われも落とされもしない。
全て終わった。



全部。


ああ。







こんなにもボクは彼が好きだった。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]