忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
[306] [305] [304] [301] [300] [299] [294] [293] [292] [289] [288]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「最近キミは、何も言ってきませんね」
「何がだ」


「これを持てと、押し付けてくることも、なくなりました」
「…ラッキーアイテムか」
「そうです」

「…別に持ちたいと言うなら貸してやらんでもないが?」
「いえ。そういう話ではないんですけど」
「…元々持ちたがっていなかっただろう。今更なんだ」
「……。やっぱり、必要ないからですか」
「何がだ?」

「そういうことする必要、ないからですか。周りなんて何の関係もないからですか」
「関係ないとは、言っていないだろう」
「でも。そうでしょう」
「…他人と自分は違うからな。変にあてにするよりは、自分で人事を尽くしたほうが、よっぽどましだというのはある」
「……」

「何だ、その顔は」
「いえ」
「不満そうだな」
「…そんなことは」
「オマエは、わからん。いつも自分は関係ないと言う顔をして、何を考えている?」

「……ボクは、ただ。皆に、戻ってほしいだけです」
「戻る?」
「はい。皆が助け合って、楽しそうに、プレイしていたあの頃に」
「…馬鹿が。時間は、戻らん」
「それでも、戻ってほしいんです」
「成長する前にか?馬鹿馬鹿しい、成長したからこうなったのだ。今こそがあるべき形だ。オマエの言っていることなど、ただの理想論にすぎんのだよ」
「……」

「それともオマエはなんだ。オレ達に、リレーの最後に、手をつないで並列にゴールするような、そんな関係を望んでいるのか」
「そんなこと言ってません」
「言っているだろう」
「レースは個人技です。でも、バスケはチームが根底にあるんじゃないんですか」
「だからどうしろと言う?具体的に言ってみろ。曖昧に、かつてに戻れなど言われても戻れんとしか言いようがない」
「……それは」

「わからんくせに知ったようなことを言うな。理屈の通らん物言いでチームを混乱させているのはむしろオマエだろう、黒子」
「っ!!」
「チームの為なら黙って貢献することはできないのか。オマエは、何もわかっていないのだよ」
「……すみません」
「…わかったならいい。2度と、そんな疑問を口にするな」
「……はい」




「そうなんでしょうか」

呟く。

本当にそうなのか?

それぞれの主張をただそのまま生かしておくだけがチームなのか?

それが助け合いなのか?


結局終わったら何も残らないんじゃないのか。


間違っているのはボクなのか?

これでいいのか。

本当にこれでいいのか?


わからない。

ボクにもわからないけれど。


でも、こんなに楽しくないのは初めてなのに。


それはボクだけが感じている違和感でボクだけが異常なのか。


わからない。

どうしたらいいのかわからない。


けれどもう迂闊に口にはできない。

緑間君のいうこともよく分かったから。


それでも。


納得は、できなかったけど。




そのままでいいと思えたらきっととても楽だったのに。




 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]