忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
[304] [301] [300] [299] [294] [293] [292] [289] [288] [287] [286]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「黄瀬君」
「…どしたの?黒子っち」
「…おかしいと、思いませんか」
「え?」


「どうしてボクら、こんなに、自分勝手にバスケしてるんでしょう」
「…?」

「お互いなんて必要ないみたいに。むしろ、仲間内でボールを奪い合うみたいに」
「そんなことないッスよ。皆役割があって、その通りに、やってるだけじゃないッスか」
「必要とされているのは完璧な個人技です。…これって、バスケなんですか」
「…黒子っち?」

「これじゃ1on1と何も変わらない。何の為にチームがあるんですか。こんなの…」
「……」
「こんなの、バスケじゃ、ないでしょう…」
「…何、言ってるんスか」
「……」

「バスケじゃなかったら、オレら、何してんスか?」
「……」
「オレ達がやってるのはバスケでしょ、そんなの、初めから、わかりきったことじゃないッスか」
「……」
「それに、1on1とは違うでしょ。だって、それぞれに分担があってさ。ちゃんと信頼して、任せあってるんだから」

「…任せると言ったら、聞こえはいいですけど」
「黒子っち、何が言いたいんスか?オレには、よく、わかんないッス」

「……キミたちは、こんなバスケしてて楽しいんですか?」
「…楽しいッスよ?楽しくなかったら、続けてないって」
「楽しいわけないでしょう」
「黒子っち?」
「あの頃とは皆違う。あの頃は皆、もっと生き生きしていた。ああいう状態を、楽しいって言うんじゃないんですか」
「…黒子っち」

「皆全然楽しくないのに、どうして楽しいなんて言えるんですか?」
「…青峰っちみたいなこと、言うんスね」
「!?」
「オレには、よく、わかんないッスよ」
「……」
「得点とって、勝って、それが面白いから、バスケする。…それじゃ、駄目なんスか?」
「……」

「オレ、何か間違ったこと言ってる?」
「……いいえ」
「よかった。…ねぇ黒子っち。何で、オレ達のやってるバスケが、間違ってるなんて、言うの?」
「……」
「やめようよ」
「……」
「オレは黒子っちとバスケできて、楽しいッスよ?」
「……」
「なのに、黒子っちがそんなこと言ってたら、逆に楽しくなくなっちゃうじゃないッスか」
「……すみません」
「いや、謝らなくて、いいけどね」
「……」

「…ちっとも、楽しくないなんてこと、ないッスよ」
「……すみません。……きっと、ボクが、どうかしているんですね」
「いや、そんなに、自分を責めなくても」
「…大丈夫です」
「…そう?それなら、いいんだけど」
「気にしないでください」
「そっか。…じゃ、そろそろ部活、行く?」
「…はい」



今のこの関係をボクは失いたくない。

それでもこんなこと間違っていると思うのに。

そう感じることすら間違いなのだろうか。


だとしたらボクはどこに向かうべきなのだろう?


ボク達はどこに行けるだろう?





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]