忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
[251] [290] [250] [249] [248] [242] [241] [240] [239] [281] [238]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ねー、花火やらない?」
「あ?なんだよ、ちょっとシーズン遅くね」
「なんか安売りしてたからって親が買ってきちゃったの。せっかくだから皆でやらないかなって思って」


「いいッスね。やろうよ」
「ね、いいよね!テツ君も、どう?」
「はい、行きますよ」
「ミドリンもムッ君も来るよね?」
「まあ、いいだろう」
「まーいーよ、暇だし」

「よかった!キャプテンもさっきいいよって言ってくれたから、皆でできるね!」
「どこでやるんスか?」
「うん、家の近くの公園でやろうと思って。あそこなら広いし、邪魔にならないと思うし」
「あー、そだな」

「じゃあ、7時半ぐらいに集合でいいかな」
「ああ、わかった」
「じゃあ、それで」
「うん。待ってるね!」


「あ、来た来た!」
「こんばんは」
「夜は涼しくていいねー」
「大分過ごしやすくなったよな」
「すっかり日が落ちるの早くなってきましたから」
「もうすぐ秋ッスね」
「まだ日中は残暑がきついけどな」

「先客がちょっといるな」
「まあ気にしなければいいですよ」
「多分オレら騒いでたら出て行っちゃいそうな気ぃするよね」
「そりゃなんつーか、ガタイが違うッスもん…」
「部活をしていれば筋肉がつくしな」
「それより身長が大きいんじゃないですか。190前後の集団がいたら誰でも近寄りたくないです」

「…気持ちはわかるかも。もう慣れたけどね」
「まあ威圧感はあるよな」
「だって伸びたものは仕方ないじゃん」
「まーバスケすんのには丁度いいかんな」

「モデルも180はないと厳しいッスよ」
「うっせぇ黙ってろ」
「ヒドッ!」
「モデル、女の子でも結構高いもんね。165位はあったりするし」
「高い方がすらっとして綺麗に見えるんでしょうね」
「独活(ウド)の大木って言葉もあるけどな」
「ヒドッ!!」

「でもまーいーことばっかでもねーぜ。ドア枠とかしょっちゅうぶち当たるしな」
「同感だ」
「ベッドとかも身長合わなかったりするッスよね」
「まあ代償は色々なところで支払われているんだろうさ」
「平均的だとそこらへんは有難いです」

「ねーそろそろ花火しない?」
「じゃー蝋燭立てっか」
「花火バラしとくッスね」
「仕掛け花火っていつやんの?」
「半分ぐらい済んだら点けたらいいだろ」
「これだけいたら結構早く済んじゃいそうだねー」

「頼むからまとめて火をつけるなどという馬鹿なことはするなよ」
「えーだって線香花火とかダルくない?」
「馬鹿か。あれを楽しむのが風流というものだ」
「紫原君はせっかちすぎますよ」
「でも線香花火って余るよねー」
「やたら多く入ってるからな」

「しかもじっとしてなくちゃいけないから大変ッスよね」
「でもあれ競争すんのおもしれーぞ」
「青峰っちそういうこと好きッスね…」
「まああまり遅くなり過ぎないようにな。明日も練習だ」
「めんどいな…」

「それに多分中学生だから補導されますよ」
「中学生に見えないからオッケーじゃない?」
「流石に成人してるようには見えないから駄目じゃないかな…」
「遠目にはデカいから近寄ってこないかもな」
「便利ですね」

「オマエだって見つからねーだろ」
「むしろ悲鳴あげて逃げて行かれそーだよね」
「…イヤですね」
「まーオレ等は慣れてっからな」
「…はい」


「あ、点いた点いた」
「風少なくてよかったなー」
「風あると蝋燭すぐ消えちゃうもんね」
「火事になる可能性もあるからな」
「じゃーやるよ?」
「はい、どうぞ」

「なんか懐かしい感じ」
「子供の頃は結構したりしたんスけどね」
「中学生にもなると中々な」
「こういうの好きな年頃でしょうけどね」
「あ、テツ君、火ぃ分けて!」
「はい、どうぞ」

「仕掛け花火も点けるか?」
「点けよーぜ、派手にぱーっとやっちまえ」
「もーちょっとはムードを楽しもうとかないの?」
「コイツらにそういうことを期待するのは馬鹿というものだ」
「おい適当なこと言ってんじゃねーよ緑間」
「でも確かにキミにデリカシーがないのは事実だと思いますよ」
「おいこら」
「まあまあ、今は楽しみましょうよー」


「オラどけどけー」
「うわ青峰っち!危ない!!危ないから!!」
「やめんか阿呆」
「いーじゃねーかお高くとまってんじゃねーよ」
「っ!こっちに向けるな!火傷したらどうするのだよ!!」
「あーもー線香花火落ちたしー。ふざけないでよ」
「もっと離れたところでしろよ…」

パーン

「あーちょっとキャプテン!何も言わずに打ち上げ花火とかやめてくださいよ!!」
「つーか今の近くね!?」
「オマエらが暴れて移動するからだろうが」

「つーか花火消えたし。火、火」
「ちょっ一杯一度に突っ込みすぎ!!」
「紫原オマエちょっとは譲れよ」
「えーやだし」
「…あ、消えた」
「もーざけんなよ」
「バカが…」

「オイ緑間火ぃよこせ」
「よるな!というかその向きはまずいのだよ!」
「いーだろ別にたいして怪我しねーよ」
「ふざけるな!!」
「あー火点けたッスよー」
「よかった」
「うわっちょ、近いって!!」
「マナーを守ってやれよ、オマエら…」


 



 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]