忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
[303] [251] [290] [250] [249] [248] [242] [241] [240] [239] [281]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「青峰君、起きてください。そろそろ授業始まりますよ」
「んー…」
「今からそんなんでどうするんですか…」
「……」


青峰はぼんやり上半身を起こすと、目の前にあった黒子の胸におもむろに手を当てた。

空気が凍った。

「…何してるんですか」
「…あー、やっぱ胸ねえな」
「あるわけないでしょう」

投げやりに手を打ち払う。

「黒子っち…冷静ッスね」
「いったいどういうことだ、青峰」
「なんか変な夢見たわ」
「はぁ」
「夢ッスか」

「オマエが女なの」
「はぁ」
「だから触ってたしかめたんスか!?」
「いや、なんとなく」

「もし本当に女だったらどうするつもりだったのだよ…」
「まーそんときはそんときで」
「軽いですね…」
「実際男なんだし気にすんなよ」
「そーゆー問題じゃないッスよ!」

「黄瀬君、まあいいですから早く行きましょう。もう時間です」
「そうだな…」
「うーなんか釈然としないものがあるッス…」
「あー…ダル…」

「ホラ、行きますよ」
「…あーハイハイ。引っ張んなって」
「そうしないとキミ平気でサボるでしょう…」

走って屋上を後にする。
緑間と黄瀬に続いて。
青峰は黒子の後ろ姿を見ながら、考える。

女にしては身長はあるが、男にしては小柄な体。
生意気で、いちいちうるさいが、基本的には穏やかで、必要以上には干渉してこない。
よくわからないし、オレとは全然違うのに、面白い。
興味を沸かせる。

だから、あんな夢を見たのだろうか。
今より少し髪が長くて、オレの後ろで慎ましく控える、小さな、コイツの姿。
性格は変わらずふてぶてしくて、表情もほとんど変わらないのに。
バスケを語る時煌めく眼と、引き寄せた時一瞬嬉しそうに目を細める、その様子が、堪らなく可愛く映った。

別に今でも、十分悪くないけど。

「テツ」

腕を引く。
黒子が迷惑そうに振り向いた。
そのまま顔を近づけて、眼尻に口付けた。

口にするには距離が近すぎた。
もっと顔を上げてもらわなければできない。
この身長差が、笑える。

「……!?」
「ははっヒデー顔」
「…っ青峰君!!」

怒って振り上げられた手を避けて走った。

「…どしたんスか?」

前を行く黄瀬が振り向いた。

「関係ねーよ!とっとと行け!」
「ヒドッ!」

パタパタと走りながら、青峰はすっと振り向いた。
顔を高揚させたままの黒子に、悪戯っぽい笑みを向ける。

「オマエが女だったらケッコンできたのにな!」
「っ何言ってるんですか!!」

黒子の眉がますます吊り上る。

「っちょっ青峰っちどういうことッスか!?」
「うるせーよ遅れんぞ」
「オレにもちょっと教えてくださいよー!!」

やがてチャイムが鳴り始め。
授業には間に合ったものの、青峰の挙動は黒子を惑わせたままだった。
平静を装うことは彼の得意技だったけれど。
それでも彼の顔は暫く赤いままだった。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]