忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
[290] [250] [249] [248] [242] [241] [240] [239] [281] [238] [237]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「もー、皆はしゃいじゃって…」
「花火は人に向けてはいけませんって書いてあるんですけどね…」
「いつもは冷静なミドリンまで巻き込まれてるし」
「彼はからかわれると乗っちゃいますからね」


「…でも、皆楽しそうでよかった」
「……ホントに気になってたのは青峰君じゃないんですか?」
「…よくわかるね、テツ君」
「…彼がおかしいのは、皆、気付いてますよ」
「…強すぎるんだもん」
「そうですね…」

「だって、ダブルスコアとか一人で優に出しちゃうもんね。敵なしっていうか」
「…ええ」
「それでも文句はないけどさ。…青峰君が楽しめないのは、やっぱ問題なんだよね」
「そうだと思いますよ」
「…早くきーちゃんとかが追いついてくれることを祈るしかないのかな」
「…それでも、仲間内だけですけどね」
「でもさ。せめてそれだけでも相手がいれば、練習に来る理由にはなるじゃない」
「……そうですね」

「テツ君も大変でしょ。いつも、アイツに付き合ってるから」
「…そうですね」
「ごめんね。テツ君が言ってくれるから、楽しちゃってるとこ、あるし」
「キミには君の仕事があるんだから、仕方ないですよ」
「でも。…なんか、2人の距離が、どんどん広がって行っちゃう気がして」
「………。大丈夫ですよ。本当に嫌なことは、強制できませんから」

「…青峰君、ワンマンだもんね」
「ええ。…このまま進んだら、怖いことになる気がしてます」
「……バスケを捨てるようなことは、しないと思うんだけどね。だって、アイツには、バスケしかないもん」
「…そうですね」

「…早く、元に戻ってくれるといいんだけど」
「…サボってるから、少し実力堕ちるかもしれませんしね」
「あはは、最悪だけど、いい薬かも。少しは思い知らせてやりたいよねー」
「…はい」


「…テツ君、大丈夫?」
「はい?」
「…何か、疲れてるように見えたから」
「……大丈夫ですよ」
「そう?…無理は、しちゃダメだよ?」
「ありがとうございます。…気を付けますよ」
「…やっぱ、アイツに付き合ってると体力使うからね。適度に、休んだりとかしてよ?」
「そんなに心配してもらわなくても、大丈夫ですよ」

「うん…。でも。…テツ君まで疲れて、動けなくなっちゃったら、バスケ部、きっと回らなくなっちゃうから…」
「……余計な心配させて、すみません」
「あっそういうことじゃないんだけどね!?」
「わかってますよ。…大丈夫です」
「………うん。私、テツ君のこと、信じてるから」
「…ありがとうございます」

「…じゃ、線香花火でもやりに行こうよ。あっちも少し落ち着いたみたいだし」
「そうですね」

「ちょっとーどいてよ、私たちにもやらせてよね」
「るせー今競争してんだよ。喋らせんな」
「…結局やってるんだ」
「ボクらもやりましょう」
「うん!」

「あ、落ちた」
「よっしゃ、これでオレの3連勝ッスね!」
「さつき!オメーが喋らせるからだろーが!」
「私のせいなの!?」
「人のせいにするとは男らしくない奴だな」
「るせー!オマエも落としやがれ」
「なっ!?」

「あーあ、落ちちゃった」
「っ青峰!!」
「へへん、エラそーなこと言ってっからだよ」
「ふざけるなよ…」
「わー緑間っち!落ち着いてー!!」

「ホラ消えた花火はちゃんとバケツに入れろ。火事になるぞ」
「ここらへん火事になったら青峰っちと桃っちの家が危ないッスよね」
「もーやめてよ!そんなことになったらどーしたらいいの!!」
「テツヤの家にでも居候させてもらえよ」
「え!?テツ君!?」
「うちは狭いんでちょっと無理ですね」
「そっか…」

「ウチん家なら空いてるッスけど、流石に女の子住ませるって噂大変なことになりそうッスよね」
「オマエはやばいだろ」
「確かに」
「そもそもオマエらは煩いから勘弁なのだよ」
「ひどーい!!」

「つーか火事になんかなるわけねーだろ」
「そういう油断が災害を生むんだよ」
「んなエラそーに…」
「まあ、ちゃんと片づけするつもりなんだから問題ないッスよ」
「そうそう」


「あ、後丁度7本だな」
「ラスト皆で競争すっか」
「いいッスね!」

「負けたら何をさせる?」
「明日全員にアイス奢りで」
「いいんスか?青峰っち、また負けるかもよ?」
「るせーよ、ここ一番ってとこはのがさねぇし」
「はいはい、じゃー火ー点けよ!」

「「……」」

「…なんか、静かすぎて不気味ッスね」
「仕方ないさ」
「……」
「…あ」

「はは、落としてやがるし」
「まじで?ちょっと今のないッスよー」
「喋ってるからだろ。あ」
「…馬鹿だな」
「いーんだよ、もう勝敗ついてんだから」

「負けた3人が奢りぐらいにしておけばよかったかな」
「そうですね」
「緊張感なくなっちゃったよー」
「あー落ちた。だる」
「ヤル気ないッスねー…」
「おらとっとと帰んぞ」
「ちょっ…押さないでください。…あ」

「青峰、人のを邪魔するな」
「別にいーだろもう奢らなくていーんだから」
「そういう問題じゃないですよ…」
「あ、緑間のも落ちた」
「……まあ、気が散ったからな」
「負け惜しみだろ」
「黙れ」

「…あ、落ちちゃった」
「…結局僕の勝ちか。お前たちは堪え性がなさすぎるな」
「私を一緒にしないでください!」
「ボクも加えないでほしいんですけど」
「オレもだ」
「まー片付けしましょーよ。バケツ、桃っちの家まで持ってったらいいッスか?」
「うん、家が買った奴だし、最後は面倒見るよ」


「あー…もう夏も終わりだな…」
「夏休みとかまじ短かったッスよね」
「キミは去年部活してなかったから余計にでしょうね」
「オマエらの宿題に付き合わされたこっちの身にもなるのだよ…」
「緑間君は早く済ましてましたもんね」
「テツ君もちゃんと済ませてたじゃん!」
「桃井さんも、ですよ」
「僕もな」
「…出来の悪いチームメイトを持つと苦労するな」

「最初から全員でやることにすればよかったんじゃね?」
「オレはそんな怠惰な方法など好まん」
「あーあ、カタブツだな」
「そんなこと言わずに見習ってくださいね…」



全員で灯した火の玉は。
誰一人として最後まで燃え尽きることはなかった。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]