忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
[302] [272] [271] [285] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [284]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日も、青峰の背を見送る羽目になった。
部活に出ろと、しつこく声をかけて。
散々青峰の意見に抗ったけれど、結局、その意思を変えることはできないのだ。


いつも、そうだ。
いつだって、彼の気まぐれに依存しているのだ。

「テツヤ」

後ろから、声がかかった。
振り返らなくてもわかる。
この声は、赤司のもの。

「………はい」

黒子は、低い声で返事をする。
本当は返事などしたくはなかった。

どうせ気に食わないことを言われるのは確かなのだから。

最近こういうことがとんと増えた。
関わりたくないと、思ってしまう。
それでいいはずがないのに。

「がむしゃらにぶつかるだけでは駄目だな」

赤司は、ゆっくりと笑んだ。
眼だけが、笑っていない。

「壊れてしまうよ。お前も含めてね」

黒子は振り返らなかった。

けれど、どんな表情をしているかは容易に想像がついた。
惨酷な笑み。
力ないものを蹴落とす笑みだ。

とん。
肩に手を置かれる。

「そう気を落とすな」

黒子はすっと赤司を睨み上げた。
別に彼が憎いわけではなかったけれど。
そうしないと、負けてしまう気がして。

「お前は偏屈すぎる。もう少し、柔軟になれ」

そのまま、彼は歩き出す。
黒子も部室に向かわなければならないので、行く先は同じだ。
それ以上言葉を聞きたくない気がしたけれど、彼に背くわけにはいかない。

「大輝は仕方ないよ」
「……キミは、諦めろって言うんですか」
「そういうものだ」

声はあくまで淡々としている。

「強すぎる力を持った者は、えてしてそういうものだよ」

黒子は、黙らざるを得ない。
わからない世界だ。
決して。

「放っておけばいい。お前はお前のバスケをすればいい。それ以外に、何を望む?」

彼は、振り向いた。
黒子は黙る。
ただ、黙る。

諦めたくないんだ。
浮かんだ言葉を、口にできず、呑み込んだ。

諦めれば楽なのだ。
何もかもそうだと知っているけれど。

「お前と大輝は、もう道を違えてしまったんだよ」

いやだ。
浮かんだ言葉を口にできなかった。
同意しているわけではない。

認めたくない。

それなのにそうかもしれないと思ってしまう。
それがとても恐ろしかった。
足が止まったまま、動かない。
笑ったままの赤司に強く手を引かれて、無理やり歩を進めさせられた。

「お前は僕の言うとおりにしていればいい」

絶望的な宣告。

けれどそれに逆らう以外の道を黒子は知らなかった。

彼の言う通りにして居場所を得た。
今更それを失うことは考えられなくて。

ただ、彼の示すままに、行く。

それはさながら、操り人形の、如く。





 

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]