忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(パラレル?10年後ぐらい設定。オリキャラ出張ります、注意)


「テツヤさん、ただいま」
 

PR

いつからか、眠れないときは、それを取り出す癖がついた。


(オリキャラ出張ってます。帝光のマネ設定)

「ねえ、私黄瀬君のこと好きだったんだよ」
「え」
 


時々、どっちに嫉妬しているのかわからなくなる。
ひたむきにこっちを見てくれる彼が。
その時だけ、青峰君だけを見つめることが、いやなのか。
それとも、ボクを一番必要としてくれる彼が。
黄瀬君と、楽しそうにしていることがつらいのか。


見捨てられるんじゃないかと、脅えて、本当のことも言えないような関係は、間違っていると、わかっているのに。
嫌なのに。


黒子っちに近づく人、全部殺してあげる。
…怖いですね。
あは。冗談ッスよ?
結構、本気だったように聞こえましたよ。
…できるものなら、したいんで。


「紫原イライラしてんな」
「うん。ウザい奴がいてさ」
「センターのか」
「そう。マジ目障り」

女だったら、よかったのにな。
…何ですか?
オマエが、女だったら、よかったのになって。
どういうつもりですか。
まんまだよ。そーだったら、色々、簡単だったのにな。

(16000踏んでくださったりりさんに捧げます。黒子総受け。あんまり糖度は高くないですが^^;)


夏休みを終えて、学校は、体育祭ムードが満載だ。
これからの時期は、イベントが怒涛のように押し寄せる。
授業が潰れて、体育祭のための練習が、いくつも飛び込んでくる。


オレの願望とか欲望とかそういうの一切踏み捨てて願ったのは結局キミの幸せだった。

こんなにも後悔でいっぱいだけど、キミが笑うならそれでいい。



手強い相手を何とかやり過ごして、勝利を得て。
ベンチへ帰ってきた愛しい人の姿に、桃井は飛びついた。

「お疲れ様ー!!」
「わっ」
 



愛しい、愛しい、愛しい。
好きなんて、そんな言葉では足りない。



「黒子、お前。実は無理してるだろ」

言われて、立ち尽くした。
あまりにも図星で、どうすることもできない。
 


うららかな午後。
黄瀬と黒子は、二人で、ただのんびりと時をすごしていた。
しかし黒子は、幸せそうに頬を緩ませる黄瀬を、ふと見て。
突然、黄瀬の頬をつまんで引っ張った。

「いだだだだ!!っちょ、黒子っち~!!」
「……。」


「今から会えるか」
「…もう、家に帰っちゃったんですけど」
「ならそこまで行く」
「…電話じゃダメなんですか?」
「ああ」
「…わかりました。待ってます」
「ああ」

紫原君、どこに行ってるんですか。
あれ、黒ちん。
あれ、じゃないです。皆もう集合してますよ。
え、マジで?
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]