忍者ブログ
黒子のバスケの2次創作ブログ。 キセキ中心の黒子受け雑食(黒桃有)で文章書いてます。お勧め→◇
最新コメント
[07/17 ちとせ]
[05/21 たなか]
[04/28 刹那]
[12/03 たなか]
[11/13 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
すみません、暫くPCに触れることができなくなるので、返信等一切できなくなります。
ので、拍手とキリ番機能は停止させてもらいました。今までコメントありがとうございました!嬉しかったです!
更新は予約してますので、これまで通りにちゃんといくと思います。
暫く連絡は取れなくなりますが、これからも、よろしくしてくれたらうれしいです。
ブログ内検索
最古記事
(03/01)
(03/02)
(03/03)
(03/04)
(03/06)
カウンター
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(えろいのあるよ!注意してね!)


「すぐ、ご飯作るね」
仕事から帰ってきてすぐ、黄瀬は笑って、上着を脱ぎ、キッチンへと向かう。
いつものことのようになりつつある光景だ。
まめな黄瀬と、それを見守る黒子。
PR

初めからそこにいるような気はそれとなくしていたのだ。
彼はよくその場所にいる。
ただ、いつもいる棟とは逆であるのと、それに、そんなわかりやすい場所にいるだろうかという疑問もあって、あえてそこには向かわなかっただけだった。

最後になったのは、皮肉な結果だ。

後少しだ。
後2階登れば、もう探していない場所はない。
それでも見つからなかったらと思うと、恐ろしくなるけれど。

「なあオマエ結局誰が好きなの?」
「は?」
「火神?それともあの青峰大輝?それとも他のキセキ?」
「…あの」

(13巻旅館にて)


イライラする。
入ってくんな。
折角会えたっつーのに。
 


校舎内を駆け巡って暫く経つ。
周囲に気を払ってミスディレクションするのも、走り回るのにも、少し疲れてくる頃。

校舎の半分は探したが、青峰の気配はどこにもなかった。
ここまで見つからないと、半ば嫌になってくる。

ぱたぱたと走って、青峰を探す。
そこら辺にいれば、身長ですぐにわかるので、どこかの部屋に入ってしまっているのだろう。
いちいち扉を開けて、中を見回した。
準備室など、普通はいらないようなところにはいないだろうとも思ったが、見過ごしてしまうと後が面倒なので、きちんと全部確認していく。

青峰を探しにと出かけた黒子だったが、行き先も告げられずに失踪されたために、あちらこちらへと奔走する羽目になり。
少々疲れてきたところに、彼を見つけた。
珍しく一人で、のんびりと景色を見ている。

10月31日。
日本にも少しばかり浸透してきた行事の、当日のこと。

(モブX黒えろ有。無理やりです。苦手な方は要注意)


何か、様子がおかしい。
そう思いながらも、何がおかしいのか、具体的に感じ取ることができなかった。
それが、悲劇を招いたのだろうか。

その時様子の可笑しさに気付いていたら、あんな目には、遭わずに、済んだだろうか。
 


屋上への扉を開けた。
こっちを見るのは、黄瀬、緑間。
あれ。探してたやつがいない。

(前書いた、一緒に生きよう、の続きに当たりますが単体でも大丈夫です。女黒子で(だけど全然変わらない)、青黒婚約中)


「なあ結婚式、あげるってことでいいよな」
「は!?」
 


いつもの1on1を終えて、部室に戻ってきた黄瀬と青峰は、扉を開けて広がっていた光景に驚いて目を見張った。
「よう、お疲れさん」
「っな…!?」

「っくしゅん!」
「風邪ッスか?」
「…いえ、気にしないでください」

(女黒子で(でもなんら変わりないんですけど)、5年後くらい設定)


高校卒業後、バスケ界に羽ばたいた青峰と、無難に大学に進学した黒子は、中々会えなくなって、連絡も殆ど途絶えていた。

黒子も青峰もそうマメな性格ではなかったし、青峰はそういう配慮に欠けていて、黒子は気を使って、連絡を取っていなかった。
 


こんなの嫌だ。
こんなのは違う。

こんなことを望んでなんかいない。
 


「黄瀬君」
「…どしたの?黒子っち」
「…おかしいと、思いませんか」
「え?」
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]